Tシャツを作る際の加工方法について

オリT.com

加工の種類について

白いシャツ

様々な加工がある

オリジナルtシャツを作成する時には様々な加工方法があるため、色々と知っているとデザインの幅を広げることができるでしょう。代表的な加工としては、シルクスクリーンが挙げられます。シルクスクリーンは一色ごとに版を作り、プリントを行っていくという方法になります。そのためデザインの色数をおさえる必要がでてきます。

熱転写

熱転写とは、印刷したデザインを圧着させるという手法となります。デザインを印刷することができるため色数などを考える必要が無くなったり、写真を使用することができます。比較的自由なデザインを行いたい場合におすすめです。

カッティング

カッティングシートを切り出し、圧着させるという加工方法があります。比較的シンプルなデザインに向いているでしょう。特に背番号など、ユニフォームに用いられることが多い加工方法となります。

インクジェット

Tシャツに直接プリントを行うという方法になります。プリントの仕上がりが洋服に馴染んで、ふんわりとした仕上がりとなるのが特徴でしょう。こちらも色数などを考える必要がありません。そして縫い目などにかかるような部分に印刷することができるのも特徴となります。

刺繍

胸にロゴマークだけを入れたいという時におススメなのが刺繍です。刺繍を行うことでブランドの雰囲気を出すことができるでしょう。さらに刺繍ですとお手入れによってデザインが剥がれてしまうという心配もないことから、管理もしやすいことが特徴です。

加工方法は色々

上記に挙げた以外にも、加工方法は色々存在しています。もしもこだわりの加工方法があるのであれば、その手法を取り扱っている業者を探してみましょう。色々な加工方法を知っていることで、デザインももっと楽しんで考えることができます。

オリジナルtシャツに関連する記事

白いシャツ

加工の種類について

デザインをプリントする方法も、沢山の種類があります。一般的な方法となるのがシルクスクリーンを用いることです。デザインによっては方法を検討しなければならないこともあるので、加工方法をよく把握していると良いでしょう。

READ MORE
Tシャツ

Tシャツ作成の流れ

Tシャツを作成する時は、事前に流れを理解しているとスムーズになります。Tシャツ作成を依頼する業者がきちんとサポートしてくれるかという事もポイントです。流れが分かりやすい業者を選ぶことが一番良いでしょう。

READ MORE
広告募集中